CONTENTS

矢村 健 選手 6月9日(水)vs ツエーゲン金沢 試合後コメント

(リーグ戦から)メンバーをガラッと変えた中で勝利できたことは、一番大きいと思っている。

--2得点の振り返り。
(1点目は)ルーズボールが自分の前に転がってきて、相手と1対1だったので、自分の得意な形に持っていってシュートできたのは良かった。

個人としての2点目は、小見(洋太)が前半からいいクロスで三戸(舜介)へのアシストをしたり、いい仕掛けをしていたので、小見自身もFWとして多分「あそこに入ってきてほしい」とか、「自分ならそこに入る」というところにボールを出してくれたので、自分は走って合わせるだけだった。そういうところは連係としても、個人としても危険なところに入っていけるのは特徴。それができたのは良かったと思う。ただ、2点取って決して満足していないし、その後もその前も、もっちゃん(大本祐槻)から何回もいいクロスボールが上がってきているのに決められなかったので、そこで3点、4点取れなかったのはまだまだ自分の弱さ。そこは突き詰めないといけない。

--次に向けて。
今日の勝利でたくさんの人が監督にアピールできた。逆に自分たちも自信を持って、下からの底上げができているので、もっともっと、いまのスタメン組を脅かすようにできれば、もっともっとチームは強くなると思う。日曜のリーグ戦に向けて、切り替えて準備したい。

  • プレーヤーズグラフィックTシャツ&トート
  • 新価格プラネタスファン&ビッグスファン