CONTENTS

岡本將成選手 7月6日(土)大宮アルディージャ戦 試合後コメント

プロで初めてのホームデビュー戦ということで、失うものは何もないので、思い切りやろうという気持ちで試合に入りました。

--ロビン シモヴィッチ選手を抑えられたことについて。
J1でもやれる選手だと思うので、その選手を抑えたことは自信になったと思います。90分やる中で、抑えられるときが1回は絶対にあると思ったので、頑張って前を向かせずに、ゴールに近づかせないようにしました。

--90分通して、試合の中で落ち着けたプレーは。
前半の最初、新井(直人)選手に縦のロングボールを通せたことで、気持ちがラクになりました。

--前節は途中交代で悔しさも。90分出た感想は。
前の試合は60分で足がつってしまったのですが、1週間しっかり準備してきて、90分やり切った。それも2ー1で勝てたことはとてもうれしく思います。

--CBとして、プロとしての成長を感じることは。
周りとのコミュニケーションだったり、パスの精度、小さい部分ですけど、細かい技術は成長を感じます。

--3連勝がかかるが。
今日の試合も自分の特徴を出して勝利に貢献できたと思います。また来週、紅白戦で特徴を出しながらも周りと団結して、3連勝したいと思います。

  • 10.27新商品
  • 10.27まとめ