CONTENTS

鈴木 孝司 選手 10月16日(土)vs V・ファーレン長崎 試合後コメント

--1-1の引き分け。

単純に実力不足というか、もったいなかったと思います。

--先制点は、左からの連係。

最近、なかなかない、ボランチが前半からあそこまで高い位置を取って裏に抜け出すプレーでした。ユズ(島田 譲)のプレーが素晴らしいと思うし、あのタイミングで中を見て、間接視野で相手の嫌がるところに入れてくれるのは、FWとしてもやりやすいです。そこをユズに感謝するのと、僕のところにボールがこぼれてきたときに、三戸(舜介)が「孝司さん」と声をかけてくれたので、DFも惑わされたと思います。相手がズレた一瞬でしたけど、そこで前を向いてシュートを打てたのは自信になると思いますし、決められて良かったです。

--その後もプレスで相手の退場を誘った。

相手が後ろを向いてボールをもらっていました。二度追いしたときに、真後ろにトラップして、僕も下がるんだろうなと相手も思ったと思うので、相手の視野外から、うまく二度追い、三度追いして、そこでボールが取れました。本当は倒れないで2点目を取りたかったですけど、正直、足も蹴られていましたし、仕方なかったです。それが10人になって、逆にやりづらくなりました。こういう状況は今年はなかったし、残念です。

  • 2022ユニフォーム先行予約受付中
  • 2022シーズンパス案内
  • 2022後援会受付開始